Author: addminz | Date: 2015年2月21日 | Please Comment!

好印象を与える書類の書き方

多くの企業では履歴書を基に書類選考を行っており、審査に通らなければ面接を受けることができません。

この様なシステムは一般企業に限らず、芸能プロダクションでも同じです。

オーディションを受けるにしても、まずは書類選考を通らなければ直接アピールすることができません。

書類選考を通るためのポイントを紹介したいと思います。

書類というのは最初に自分をアピールするもので、自分の分身ともいえます。

嘘偽りなく正確で丁寧に書くことが大切です。

また、書き損じた時は修正液を使用したり取り消し線を引いたりせずに、新たな用紙に書き直しましょう。

志望動機や芸能界での意欲などは詳しくしっかりとアピールしましょう。

近年ではメインキャストのようにメールにて書類を受け付けているプロダクションもあります。

メールの場合も注意しなければならないのが入力ミスです。

変換をした漢字の間違えに気付かない人が多くいます。

メインキャストにも入力ミスのある書類が届くことがあるそうです。

初歩的なミスでチャンスを棒に振ることのないよう注意しましょう。

メインキャストで行ったアルバイト

今回私が行ったアルバイトは、メインキャストという芸能プロダクションでのエキストラの仕事でした。

通行人や群集など人数を要する役が主流で、一番格下の役となります。

エキストラの仕事は一般の人でも出演することができる唯一の役です。

エキストラの仕事をするには、芸能プロダクションに登録しなければなりません。

東京には芸能プロダクションが多くありますが、中でもメインキャストはエキストラ事業も多く行っています。

有名なドラマや映画でのエキストラの実績もあり、安心して登録できる事務所だと思います。

ほとんどが台詞は無く出演時間も短い仕事ですが、全てのエキストラに出演できるわけではありません。

ストーリーに合った役の設定が、自分に合った役でなければ出演することはできません。

メインキャストから夢の大舞台

貴重なアルバイトを行い、日常生活ではお目に掛かることのない芸能人の方にも会うことができ、張り詰めた雰囲気の中、独特の緊張感と達成感を味わうことができました。

メインキャストでエキストラ募集が行われた際には、また登録してみようと思います。